MØRUS(モールス)は飛騨高山の椅子張り工房です。

桑原優太 Yuta Kuwabara

1989年 京都府出身

2004

京都市立銅駝美術工芸高等学校 陶芸専攻

陶芸を学ぶ中で北欧デザインに惹かれ、北欧家具に興味をもつ。

2007

京都精華大学プロダクトデザイン学部 インテリアプロダクトデザイン専攻

北欧名作家具デザイナーのように「デザインだけでなく製作も手がけたい」

という気持ちが芽生える。 在学中、陶器の椅子「Unit chair」を製作・発表。

イタリアのコンペ「12 chairs」にて最優秀賞受賞。2011年卒業。

2011

大阪のグラフィックデザイン事務所勤務。

2013

飛騨高山の北欧家具メーカー 勤務。

椅子張りと縫製を担当。比較的、機械工程が多い木工よりも、

手仕事でクオリティを追求できる椅子張りの魅力にとりつかれる。

そこで新製品の椅子張りから北欧ヴィンテージ家具のリペアなどの経験を積む。

北欧ライセンス製品では、主にIb Kofod-Larsen(Elizabeth chair等)や

Jacob Kjær(FN chair等)を手がける。また試作リペア技術開発部門にも所属し、

ヴィンテージ家具のリペアで培った技術を生かし、新製品の試作にも携わる。

2017年退社。

2017

飛騨高山で椅子張り工房「MØRUS(モールス)」開業。

自然に囲まれた、飛騨の霊峰「位山」の麓に工房を構える。​